Results for category "簿記の資格"

簿記3級の合格率

会社の経理や財務などに重宝される資格の簿記は、一般的に日商検定の3級を取得していれば、会社の決算書の読み取りができたり、会社での財務だけでなく、会社のお金の流れ方が理解できるようになると言われています。

また、最近では経理だけでなく、会社でのコスト面などを理解しておく意味でも、営業や管理、製造などといった部署からも重宝される資格となっています。1級から3級までの種類が用意されており、自分のレベルにあった資格を取得することができます。

3級だとレベルが低いので、合格率も高いような気もしますが、実際のところ直近の平均値としては37.56パーセントとなっており、およそ3人に1人が合格といった数字になっています。
3級の場合、100点中70点以上の得点があると合格になりますので、受験した回によって、合格率は大きく変動することになります。これまで最も高かったのが、平成21年度の2月で、56.5パーセントを記録しています。一方で最低な数字となったのが平成22年度の2月で、18.8パーセントとこれまでの最低水準となっています。
試験を受けた回の難易度が高ければ高いほど、合格できる数字は低くなってくるようです。もちろんこれが2級や1級になると、さらに数字が低くなるのはいうまでもありません。

3級レベルだと、経理の基本知識程度と考えている方も多いようですが、実際には企業の経営状況を数字から理解できるレベルになりますので、やはりそれなりの知識が備わっていないと合格するのは難しいと言えそうです。

簿記は資格の登竜門

日本にはさまざまな資格がありますが、最近では必要なので取得している方より、就職に有利になるということで取得される方が増えているようです。特に最近では新卒の大学生が複数取得しているのが一般的になってきており、ますます就職活動が困難となっている模様です。

そんな就職に有利とされる資格の中で、最もポピュラーと言われているのが簿記になります。日本では最も有名なものとされており、全部で3種類用意されています。
日本商工会議所が主催している日商検定と、全国経理学校協会が主催している全経検定、全国商業高校学校協会が主催している全商検定といった3つの種類があります。

基本的には経理の学校に通っている方は、全経検定を受験することが多く、商業高校に通われている方は全商検定を受けることがほとんどです。
一般的な検定として知られるのが日商検定となっており、一般的な試験というと、この日商検定を想像される方が多いようです。日商検定は1級から3級までが用意されており、年に3回試験が行われています。ただし1級は年に2回のみとなります。

全国の商工会議所によっては、簿記4級試験が用意されていることもあります。受験する級によって、受験料や受験時間も異なってきますので、事前に自分が受験する地域の試験概要を前もって下調べしておくことをおすすめします。
試験会場は各地域の高校や専門学校、または大学など指定された会場になり、多くは学校で開催されることがほとんどのようです。試験会場には駐車場が用意されていないこともありますので、事前に交通アクセスについても下調べをしておいたほうが良いでしょう。

試験の日程を知っておこう

最近では自分のキャリアアップのためや、就職のために資格を取る方が急増しています。
専門学校に通われる方や、仕事の合間に資格スクールに通いながら勉強をする方、または通信教育や独学で勉強をしているという方も少なくないようです。

さまざまな勉強法がありますが、自己管理能力に自信がない方が始める勉強法として、資格スクールや専門学校があります。仕事をしていない方や現役大学生などで、資金的に余裕があるのならば、専門学校に同時に通って取得を目指すといった方法が良いでしょう。しかし、高額な資金が必要となるため、なるべく試験は一発で合格しないと、厳しい面もあります。

仕事をしながら取得したいけど、あまり自己管理に自信がないと思われる方の場合は、資格スクールがおすすめかもしれません。最近の資格スクールはビデオ学習やインターネットのオンライン学習が活発になっているため、自分の都合の良い日にちでスケジュールを組むことができるため、忙しい社会人向けの勉強法と言えるでしょう。

最近では特に就職活動に有利とされるとして、簿記を勉強される方が多くなっています。一般的なものだと日商簿記検定があり、1級から3級まで用意されているため、自分のレベルに合わせて勉強をすることも可能になります。
試験の日程は年に3回予定されており、日商検定の場合、6月の第2日曜日と11月の第3日曜日、2月の第4日曜日に予定されています。しかし1級の試験は年に2回のみ実施となっており、2月には予定されていませんので気をつけるようにしたいものです。

就職で人気の高い資格

最近では就職活動に必須条件となっていることも多い国家資格ですが、中でも特に人気の高いものが簿記となっています。
どういった内容のものかというと、会社で帳簿をつけるために必要な技能で、経理を始めとする総務職などといったさまざまな事務関連の就職に人気の資格になっています。

会社の決算書を作る技能が身につくため、自然と会社の財務状態や経営状態が理解できるようになり、会社でどれだけの売り上げがあって、利益がどれだけあったかを理解することもできるようになります。いわば会計のプロになるために必須となる知識となります。
通常、決算書を作る経理や、会社の資金を取り扱う財務などで必要とされる技能にも思われがちですが、一般的なビジネスマンなら誰でも知っている一般常識に近い技能となります。

会社のお金の流れを理解するために必要な知識となるため、特に営業や製造などの場合、コスト面を理解しなくてはいけないので、この知識は必須になるといっても過言ではありません。
この知識を身につけることにより、会社のお金の流れが理解できるようになってきます。そうすると会社の仕組みも理解できるようになってくるため、どんな部署でも役立つ知識となります。
会社のお金の流れを知っていると、すなわち企業の仕組みを理解していると認識されることも多いため、どんな会社でも仕事の流れをつかむのが早い方が多いようです。

仕事の上で昇格するにも役立つ知識となるだけでなく、いざというときのための転職のときにも役立つ知識となるため、何かと自分自身のキャリアアップに有効に利用できることは間違いありません。

いろいろなレベルの簿記試験

就職活動のため、いろいろな資格取得に励んでいる方は多いようですが、中でも特に人気の高いものが簿記となっています。
会社でも必要な知識とされることが多く、経理や総務だけに限らず、会社の決算書が読めるということは会社のお金の流れが理解できているということで、その知識を買われることは少なくありません。

1級から3級までのレベルが用意されており、自分の知識に合わせたレベルの試験を受けることが出来ます。比較的、取得しやすいと言われているのが日商検定になり、中でも3級は財務の基本レベルとなり、最低限の基本知識を身につけることが出来ます。

3級は中小企業や商店などの経理に役立つレベルとされており、経理関連の書類の読み取りが可能で、会社の経営状態を数字で理解できるようになります。最近では経理だけでなく、営業や管理、製造といったコスト管理が必要な部署に必要とする知識として、高く評価されるようになっています。

2級レベルになると、高校レベルの商業簿記および工業簿記を習得しているものとされます。基本的な原価計算もできるものとみなされます。財務諸表を読み取りでき、経営状況が理解できるようになります。

自社のみならず、他社の経営状況も理解できるため、経営管理能力があるとして評価されます。最近では大学の推薦入学に有利になるとされています。
1級になると大学レベルの商業・工業簿記、原価計算、会計学を習得しているものとみなされます。経営管理、経営分析もできるようになります。税理士や公認会計士の登竜門とされています。