wpadmin

Published: 10 articles

簿記3級の合格率

会社の経理や財務などに重宝される資格の簿記は、一般的に日商検定の3級を取得していれば、会社の決算書の読み取りができたり、会社での財務だけでなく、会社のお金の流れ方が理解できるようになると言われています。

また、最近では経理だけでなく、会社でのコスト面などを理解しておく意味でも、営業や管理、製造などといった部署からも重宝される資格となっています。1級から3級までの種類が用意されており、自分のレベルにあった資格を取得することができます。

3級だとレベルが低いので、合格率も高いような気もしますが、実際のところ直近の平均値としては37.56パーセントとなっており、およそ3人に1人が合格といった数字になっています。
3級の場合、100点中70点以上の得点があると合格になりますので、受験した回によって、合格率は大きく変動することになります。これまで最も高かったのが、平成21年度の2月で、56.5パーセントを記録しています。一方で最低な数字となったのが平成22年度の2月で、18.8パーセントとこれまでの最低水準となっています。
試験を受けた回の難易度が高ければ高いほど、合格できる数字は低くなってくるようです。もちろんこれが2級や1級になると、さらに数字が低くなるのはいうまでもありません。

3級レベルだと、経理の基本知識程度と考えている方も多いようですが、実際には企業の経営状況を数字から理解できるレベルになりますので、やはりそれなりの知識が備わっていないと合格するのは難しいと言えそうです。

簿記は資格の登竜門

日本にはさまざまな資格がありますが、最近では必要なので取得している方より、就職に有利になるということで取得される方が増えているようです。特に最近では新卒の大学生が複数取得しているのが一般的になってきており、ますます就職活動が困難となっている模様です。

そんな就職に有利とされる資格の中で、最もポピュラーと言われているのが簿記になります。日本では最も有名なものとされており、全部で3種類用意されています。
日本商工会議所が主催している日商検定と、全国経理学校協会が主催している全経検定、全国商業高校学校協会が主催している全商検定といった3つの種類があります。

基本的には経理の学校に通っている方は、全経検定を受験することが多く、商業高校に通われている方は全商検定を受けることがほとんどです。
一般的な検定として知られるのが日商検定となっており、一般的な試験というと、この日商検定を想像される方が多いようです。日商検定は1級から3級までが用意されており、年に3回試験が行われています。ただし1級は年に2回のみとなります。

全国の商工会議所によっては、簿記4級試験が用意されていることもあります。受験する級によって、受験料や受験時間も異なってきますので、事前に自分が受験する地域の試験概要を前もって下調べしておくことをおすすめします。
試験会場は各地域の高校や専門学校、または大学など指定された会場になり、多くは学校で開催されることがほとんどのようです。試験会場には駐車場が用意されていないこともありますので、事前に交通アクセスについても下調べをしておいたほうが良いでしょう。

試験の日程を知っておこう

最近では自分のキャリアアップのためや、就職のために資格を取る方が急増しています。
専門学校に通われる方や、仕事の合間に資格スクールに通いながら勉強をする方、または通信教育や独学で勉強をしているという方も少なくないようです。

さまざまな勉強法がありますが、自己管理能力に自信がない方が始める勉強法として、資格スクールや専門学校があります。仕事をしていない方や現役大学生などで、資金的に余裕があるのならば、専門学校に同時に通って取得を目指すといった方法が良いでしょう。しかし、高額な資金が必要となるため、なるべく試験は一発で合格しないと、厳しい面もあります。

仕事をしながら取得したいけど、あまり自己管理に自信がないと思われる方の場合は、資格スクールがおすすめかもしれません。最近の資格スクールはビデオ学習やインターネットのオンライン学習が活発になっているため、自分の都合の良い日にちでスケジュールを組むことができるため、忙しい社会人向けの勉強法と言えるでしょう。

最近では特に就職活動に有利とされるとして、簿記を勉強される方が多くなっています。一般的なものだと日商簿記検定があり、1級から3級まで用意されているため、自分のレベルに合わせて勉強をすることも可能になります。
試験の日程は年に3回予定されており、日商検定の場合、6月の第2日曜日と11月の第3日曜日、2月の第4日曜日に予定されています。しかし1級の試験は年に2回のみ実施となっており、2月には予定されていませんので気をつけるようにしたいものです。

就職で人気の高い資格

最近では就職活動に必須条件となっていることも多い国家資格ですが、中でも特に人気の高いものが簿記となっています。
どういった内容のものかというと、会社で帳簿をつけるために必要な技能で、経理を始めとする総務職などといったさまざまな事務関連の就職に人気の資格になっています。

会社の決算書を作る技能が身につくため、自然と会社の財務状態や経営状態が理解できるようになり、会社でどれだけの売り上げがあって、利益がどれだけあったかを理解することもできるようになります。いわば会計のプロになるために必須となる知識となります。
通常、決算書を作る経理や、会社の資金を取り扱う財務などで必要とされる技能にも思われがちですが、一般的なビジネスマンなら誰でも知っている一般常識に近い技能となります。

会社のお金の流れを理解するために必要な知識となるため、特に営業や製造などの場合、コスト面を理解しなくてはいけないので、この知識は必須になるといっても過言ではありません。
この知識を身につけることにより、会社のお金の流れが理解できるようになってきます。そうすると会社の仕組みも理解できるようになってくるため、どんな部署でも役立つ知識となります。
会社のお金の流れを知っていると、すなわち企業の仕組みを理解していると認識されることも多いため、どんな会社でも仕事の流れをつかむのが早い方が多いようです。

仕事の上で昇格するにも役立つ知識となるだけでなく、いざというときのための転職のときにも役立つ知識となるため、何かと自分自身のキャリアアップに有効に利用できることは間違いありません。

いろいろなレベルの簿記試験

就職活動のため、いろいろな資格取得に励んでいる方は多いようですが、中でも特に人気の高いものが簿記となっています。
会社でも必要な知識とされることが多く、経理や総務だけに限らず、会社の決算書が読めるということは会社のお金の流れが理解できているということで、その知識を買われることは少なくありません。

1級から3級までのレベルが用意されており、自分の知識に合わせたレベルの試験を受けることが出来ます。比較的、取得しやすいと言われているのが日商検定になり、中でも3級は財務の基本レベルとなり、最低限の基本知識を身につけることが出来ます。

3級は中小企業や商店などの経理に役立つレベルとされており、経理関連の書類の読み取りが可能で、会社の経営状態を数字で理解できるようになります。最近では経理だけでなく、営業や管理、製造といったコスト管理が必要な部署に必要とする知識として、高く評価されるようになっています。

2級レベルになると、高校レベルの商業簿記および工業簿記を習得しているものとされます。基本的な原価計算もできるものとみなされます。財務諸表を読み取りでき、経営状況が理解できるようになります。

自社のみならず、他社の経営状況も理解できるため、経営管理能力があるとして評価されます。最近では大学の推薦入学に有利になるとされています。
1級になると大学レベルの商業・工業簿記、原価計算、会計学を習得しているものとみなされます。経営管理、経営分析もできるようになります。税理士や公認会計士の登竜門とされています。

現在の収入を更にアップする為の資格とは?

いまのライフスタイルに満足していない方に、現状よりも収入をアップさせることができる資格とはどんなものがあるでしょうか。
フィナンシャルプランナーの資格を取得すれば、収入アップは確実と言えるでしょう。銀行や証券会社を中心とする金融機関や保険会社、そして住宅ローンなどの問題から不動産業界など、フィナンシャルプランナーの資格を使って仕事が出来るところでは、成功報酬を得ることが出来ることも数多くあります。また、趣味で取る資格とは違う、明らかに実践向けの資格であるため、資格を取得した段階で給料のベースアップに直結する企業も多数あるようです。
また、関連付けて他の資格を取得することで、宅建や法律関係の資格と合わせた収入アップの相乗効果を狙う事が出来ます。

その中で、最も汎用性が高く、どんな資格とも組み合わせて使える簿記は収入アップの第一歩とも言えます。

資格取得の勉強方法としては、実務経験がない場合にはまず3級の勉強から始めます。実務経験とは金融機関や士業の事務所、官公庁の経理などのことを指します。他の試験との差があることと言えば学科と実技の試験があり、それぞれ別々に試験を受けることができ両方が受かった段階で合格となることです。資格取得の為の勉強方法は、よく問題の意味を理解することです。問題集を解きつつ不明な点を理解しないと資格取得後に業務に役立てる際にも不具合が生じてしまうからです。お金に関わる資格であり、そのお金の相談を受ける相手としての信頼がある資格ですので、今後も更なる需要が増えるでしょう。

費用面でのメリットがある簿記の通信教育学習

会社経営に関するあらゆる数字をデータ化し、経営内容を把握する、などについての知識を技能とするのが簿記です。
簿記という資格はスキルアップのため、就職・転職のためにと取得する人がとても多く人気資格のひとつです。
通信教育でも簿記は人気が高く、よりレベルの高い知識を手に入れるために受験に向けて学習しているが非常に多くいます。

簿記の資格を取得するためには独学や通信教育、学校へ通うなどさまざまな方法があります。
もちろんその方のやりやすい学習方法を選ぶのが一番ですが、費用について考えてみると学校に通うよりは独学や通信教育を選択することをおススメします。
さらに通信教育はきちんとテキストもそろっていますし、専門講師によるカリキュラムを学習することができます。
通信教育でありながら質問などがあればプロの講師によりきちんと回答してもらえる、フォローがあるので資格取得のための学校へ通うのとなんら変わらないでしょう。
そして学校へ通う、ということに比べてその費用の安さが大きな魅力ともなります。
通信教育を選ぶ方は好きな時間を選んで学習に充てることができるなど時間の有効活用も然ることながら、学校へ通うための経済的負担もないということ、学習そのものへの費用などが少なく済むということからこの学習方法で簿記の資格取得を目指す方は少なくありません。

簿記は世の中の景気にはまったく関係なく、常に需要がある資格です。
スキルアップはもちろん就職・転職にも大きな力を発揮する簿記。
通信教育で時間を有効活用しながら取得を目指しましょう。

簿記の資格を通信教育で

簿記という資格は受験しやすい資格ですから人気があります。
簿記は業種や業態、企業の大きさなどには関係なく日々の経営についての記録や計算などを行い経営成績、財政状況などを明らかにするという技能になります。
この簿記の資格は多くの企業で社員に対し資格取得の推奨はもちろん、大学や短大における推薦入試であったり単位認定基準にも採用されていることで60万人を超える人達が資格取得のために受験しているのです。

簿記には4級から1級までありますが、主に3級、2級レベルを受験する人が多く、1級は税理士や公認会計士などの国家資格の登竜門だと言われています。
取得しやすい資格だとは言ってももちろんそんなに簡単なものではありません。
独学で勉強する人も多いけれど、通信教育を利用するという人も多いようですよ。
通信教育は資格取得のためには時間を有効活用できる、リーズナブルに勉強することができるというメリットがあります。

通信教育での資格取得を目指す場合にはやはり評判が良い教材を利用したいものです。
始めてみなければその中身は分からない、ということがありますので利用者の評判をチェックするということも重要ですね。

評判がいい通信教育というのは、まずはしつこい勧誘がないことでしょう。
できたばかりの通信教育ならいざ知らず、電話勧誘などを行わなければ人が集まらないようなものについてはその通信教育の内容については疑わしいかもしれませんね。
こういった評判などはネットなどで知ることができますので、ぜひご自分の目で見ることをおススメします。
また、テキスト、CD、DVD、オンラインなど教材としてはいろいろな種類がありますので利用者による評判をチェックしつつ、ご自分の学習環境に合ったものを選ぶのがいいでしょう。
通信講座ランキングはこちらが参考になりますが、どれがいい、というものではなくご自分に合ったもの選ぶのが一番です。

簿記は転職に有利?

これから就職、または転職をしようと考えている方は何か資格をお持ちでしょうか?
資格の中でも比較的取得しやすいと言われている簿記は経理などのお仕事のために取得するものだと思っている方も多いと思いますが、実は、決して経理にだけ必要だという資格ではないのです。

転職をする場合、新たな職場に採用されるためにはいかに自分が優れているのか、自分にはできることがあるとアピールすることも大切です。
そんな転職の時に持っていると有利な資格だとされている簿記は経理のスペシャリストであるという証にもなりますが、それだけでなく、ビジネスマン、ビジネスウーマンとして持っているべきコスト感覚を得ることができます。
常に経営状況を意識しながら仕事ができるので、自分のことだけでなく、取り引き先の経営状況などについても自然と意識することもできるのです。
ですから経理を担当するから、ではなく、仕事をしているすべての人に対してコスト、数値などを意識した仕事ができるということでぜひ取得して欲しい資格なのです。

経理は希望しないので必要ない、と考えている方もいらっしゃると思いますが、簿記を持っているということで転職の際には数字感覚に長けているということが大きく有利に働きます。
後々必要に迫られて簿記を取得するのではなく、転職の際に簿記を持っているということは経営者側から見れば先の述べたように数字を頭において仕事ができる、リスク管理も可能だという判断をしてもらえる可能性はとても高いのです。

もちろんただ簿記を持っているのが有利だというわけではありません。
資格を持ち実務をこなすということも重要なポイントになります。
簿記を持っていてどんな経験を積んだか、どのように役に立ったかということもまた転職や転職に伴うキャリアアップにつながるでしょう。

簿記という資格の必要性

簿記という資格は、資格の中でも比較的簡単に取得できそう、資格の定番というように認識されていることが多いようです。
資格を取る為にわざわざ勉強する必要はない、簿記の資格なんてなくても実務をこなせば経理などの仕事ができる、と考える人も多いようですが、では簿記の資格の必要性というものはどういったものなのでしょうか?

簿記という資格は勉強するまでもないのか?ということですが、経理などの仕事を行う際には自分で実務上の内容を把握し、金額や状況を整理し管理するということを行っていかなくてはいけません。
もちろん実務の経験というものが非常に大きいのですが、やはり実務をしっかりこなせる、知識がある、経理などの分野を得意とし有能であるということをアピールするためにも簿記の資格を持っているということはとても重要なことでしょう。

簿記の資格を取得するためには試験を受けることになりますが、問題をしっかりと読み取る力が必要とされますね。
資格を取得するため勉強をするわけですが、この勉強ができ資格を取得するということだけでは実務が正確にこなせるかと言えば決してそうではありません。
しかし資格取得のために勉強したことというのは実務を行う上では重要であり、資格取得のため学んだことが現実問題において答えを導き出すヒントにもなるのです。

簿記の資格取得の必要性は実務を的確に行っていくために、また自分の能力をアピールする上でもとても重要で必要不可欠だと言えるでしょう。
経理などをしっかりと行っていくためにも、また自分のスキルアップのためにも簿記の資格取得の必要性を考えてみませんか?