簿記は転職に有利?

これから就職、または転職をしようと考えている方は何か資格をお持ちでしょうか?
資格の中でも比較的取得しやすいと言われている簿記は経理などのお仕事のために取得するものだと思っている方も多いと思いますが、実は、決して経理にだけ必要だという資格ではないのです。

転職をする場合、新たな職場に採用されるためにはいかに自分が優れているのか、自分にはできることがあるとアピールすることも大切です。
そんな転職の時に持っていると有利な資格だとされている簿記は経理のスペシャリストであるという証にもなりますが、それだけでなく、ビジネスマン、ビジネスウーマンとして持っているべきコスト感覚を得ることができます。
常に経営状況を意識しながら仕事ができるので、自分のことだけでなく、取り引き先の経営状況などについても自然と意識することもできるのです。
ですから経理を担当するから、ではなく、仕事をしているすべての人に対してコスト、数値などを意識した仕事ができるということでぜひ取得して欲しい資格なのです。

経理は希望しないので必要ない、と考えている方もいらっしゃると思いますが、簿記を持っているということで転職の際には数字感覚に長けているということが大きく有利に働きます。
後々必要に迫られて簿記を取得するのではなく、転職の際に簿記を持っているということは経営者側から見れば先の述べたように数字を頭において仕事ができる、リスク管理も可能だという判断をしてもらえる可能性はとても高いのです。

もちろんただ簿記を持っているのが有利だというわけではありません。
資格を持ち実務をこなすということも重要なポイントになります。
簿記を持っていてどんな経験を積んだか、どのように役に立ったかということもまた転職や転職に伴うキャリアアップにつながるでしょう。