いろいろなレベルの簿記試験

就職活動のため、いろいろな資格取得に励んでいる方は多いようですが、中でも特に人気の高いものが簿記となっています。
会社でも必要な知識とされることが多く、経理や総務だけに限らず、会社の決算書が読めるということは会社のお金の流れが理解できているということで、その知識を買われることは少なくありません。

1級から3級までのレベルが用意されており、自分の知識に合わせたレベルの試験を受けることが出来ます。比較的、取得しやすいと言われているのが日商検定になり、中でも3級は財務の基本レベルとなり、最低限の基本知識を身につけることが出来ます。

3級は中小企業や商店などの経理に役立つレベルとされており、経理関連の書類の読み取りが可能で、会社の経営状態を数字で理解できるようになります。最近では経理だけでなく、営業や管理、製造といったコスト管理が必要な部署に必要とする知識として、高く評価されるようになっています。

2級レベルになると、高校レベルの商業簿記および工業簿記を習得しているものとされます。基本的な原価計算もできるものとみなされます。財務諸表を読み取りでき、経営状況が理解できるようになります。

自社のみならず、他社の経営状況も理解できるため、経営管理能力があるとして評価されます。最近では大学の推薦入学に有利になるとされています。
1級になると大学レベルの商業・工業簿記、原価計算、会計学を習得しているものとみなされます。経営管理、経営分析もできるようになります。税理士や公認会計士の登竜門とされています。